将来的に安心して働くために

IT業界で働くエンジニアやプログラマーをIT技術職と一括りにすることが多いですが、分野によって仕事に対するアプローチからプロセスまですべて違ってきます。中でも一般からの知名度が高いシステムエンジニアは独特の存在で、基本的な仕事はIT技術職らしくシステムの開発や構築、テストといった技術分野ですが、他にも求められるものは多いです。大掛かりなプロジェクトチームが組まれた時にはリーダーとして抜擢される確率が高く、さらにクライアントに対するプレゼンテーションも任せられることが多いでしょう。それゆえ、単純にスキルや知識はもちろん必要ですが、コミュニケーション能力も重要になります。

そこで、システムエンジニアにおすすめしたいのが、本を読むことです。多くの場合、先端スキルを学ぶために自分の専門分野だけで手一杯ですが、他の分野を知ることも必要になります。特にクライアントは専門知識がないことが多く、納得や分かってもらうように説明するのは骨が折れるでしょう。また、リーダーとしてキャリアアップをすれば、管理職としてメンバーをまとめ上げることも必要になり、幅広い知識や対応力が求められてきます。その時になってから学ぶよりも事前に準備しておく方がよく、活躍できる場面でしっかりと自分を主張できるだけのノウハウを身に着けておいて損はありません。特にキャリアアップを考えるなら信頼感が重要で、視野を狭めず広くしてさまざまな物事に対応できるようにしておくと安心できます。システムエンジニアにはこのようにさまざまな仕事をこなす必要が出てくる機会が多くありますので、いざという時のためにまずは仕事に生かせる本を探してみましょう。