忘れてはならないプレゼン能力

 システムエンジニアの仕事では他人とコミュニケーションを行う機会が多いことから、システムの開発能力に加えて、仕事で人と意思疎通を図る能力が欠かせません。将来も開発現場で生き残ることができるシステムエンジニアになるためには、意思疎通のテクニックを磨く必要があります。そこで、システムエンジニアにおすすめなのが、プレゼンテーションのテクニックが学べる本です。クライアントとの意思疎通を行う機会が多いシステムエンジニアにとって、プレゼンテーション能力は必要不可欠ともいえるスキルに挙げられます。また、クライアントのみならず、開発現場でも他のメンバーに向けてプレゼンテーションを行う必要があるでしょう。

 しかし、システムエンジニアの中には、プレゼンテーションを苦手としている人は少なくありません。プログラマー時代には仕事で自らを主張する機会が少ないため、プレゼンテーション能力を磨く機会が限られています。そのため、システムエンジニアにキャリアアップを果たした際に慌てぬよう、プレゼンテーションの詳細なテクニックを習得できる本を参考にするとスキルアップに役立ちます。プレゼンテーション内容を具体的に考える方法や、さらに資料を作成するノウハウも本から学習可能です。システムエンジニアがこれまで苦手であったプレゼンテーションの業務が思い通りにこなせるようになると、優秀な技術者としての実力を評価してもらうことができ、将来のキャリアアップにもプラスの効果が生まれます。